So-net無料ブログ作成

また雨か・・ [not sure]

この頃の雨は暖かいような、寒いような
みょうにはっきりしない。
少しずつ暖かい雨になりながら
木の芽をくすぐるんだろうな。

・・帰りはだれかの傘、かっぱらってゆこう・・あとで戻すけど・・

2005/03/23/9:12a.m.


まだ少し早いんじゃないの? [not sure]

庭のケヤキにかかった蜘蛛の巣。
まだ、少し寒いよねえ。
寒さのためか、主は不在。
獲物もかからず、風にゆらゆら、網が光っていました。

2005/03/21/9:05a.m.


これ、何だか分かります? [not sure]

かなりアップで撮ってます。
○○玉、○○レバはおいしいですよ。


娘とのやりとりは世界地図が必要です。 [not sure]

(土佐弁です!)
【私】
おかあ(母さん)が、これ、「食えーとっ!!」
【娘】
いらん!!(要らない!!)


20年間、本当にありがとう! [not sure]

住んでる家は、築20年が丸みました。
昨年の点検で、風呂場の下が水漏れでダメになっているということでした。
このまま置くと、シロアリの餌食になるとか・・・。
明日から風呂場の改築です。
今夜は最後の湯船。
上の娘が9歳、下の坊主が4歳。
20年間、家族みんなの一番の心安らぐところが、この風呂でした。
この場所で皆が一人になり、そして、たくさんのことに自問自答してきた場所でもあります。
明日はもう懐かしい壁のタイルもないでしょう。
20年間、ほんとうにありがとう!!
新しいお風呂になっても、きっと思い出すからね(;_;)


火山の噴火ではありません [not sure]

先週の土曜日
また久しぶりに七輪の炭焼きで夕食をとりました。
その時の”火おこし”の様子です。
炭の粉が火の粉になる様子が余りにもきれいだったので
撮ってみました。
七輪には、ドライヤーで風を送っています。


憤怒、それとも歓喜? [not sure]

近所で古い家屋の廃材を燃やしていました。
産業廃棄物ですので今ではやってはいけない行為ですが。
次々に炎が立ち上がりますが、その刹那刹那を切り取ると
意外な表情が浮かんできます。
木材が長年にわたり、ため込んできた家庭の中のいろいろな想いを
燃える一瞬、表情としてあらわしているのでしょうか。

私は、この表情の中に家人や施工者に対する「憤怒」の想いを感じました。


最後の力をふりしぼって [not sure]

度重なる台風の強風にさらされ
先輩達は皆吹き飛ばされてしまいました。
僕らはこの木が生き延びるために
とんでもない季節はずれに芽吹かざるを得ませんでした。
でも、寒さも限界となり、他の友達はほとんど枝を離れ
私たちもそろそろ土に帰る時期が近づいています。
一生懸命この木を支えたおかげで、お天道様はいつもよりずっと鮮やかな色に
染めあげてくれました。
でも、この色を近くでじっと見て、カメラにまで納め、愛でてくれたのは
あなた一人であったのが、少し心残りではあります。
では、皆様、ごきげんよう。


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。